トップページ >  長楽園の愉しみ

  • チェックインイメージ

15:00

チェックイン

足湯に入ったり、玉作湯神社におまいりに行ったり、温泉街を散策していよいよ宿にチェックイン。
チェックインを済ませ、館内の説明を受けお部屋へ案内していただく。地元の銘菓と煎茶でほっと一息の時間。

客室のご案内

  • 回遊庭園をゆっくりお散歩イメージ
  • 回遊庭園をゆっくりお散歩イメージ

16:00

回遊庭園をゆっくりお散歩

夕暮れ前に大露天風呂へと思い玄関をくぐる。回廊を渡ると、広大な庭園がひろがっていた。

聞けばアメリカの日本庭園雑誌で入賞している庭園だそう。ぐるりと一周すると、なにやら洞窟が・・・冒険心がくすぐられる。

庭園のご案内

  • 感動の大露天風呂!イメージ
  • 感動の大露天風呂!イメージ

16:30

感動の大露天風呂!

宿自慢の混浴大露天「龍宮の湯」へ。まるで池を悠々と泳ぐ鯉になったよう!この広さなら他の入浴客との距離も全く気にならない。空と自然を独り占めにした気分に。

天然の化粧水と例えられる玉造温泉の源泉を全身で浴び、肌もしっとり。

温泉のご案内

  • お待ちかねの夕食イメージ
  • お待ちかねの夕食イメージ

18:00

お待ちかねの夕食

御食事処での夕食だから、部屋も慌ただしくなく匂いも残らないから好印象。

しっかりとした、だしの風味。出雲ならではの季節の食材。やさしくも素材本来の味が際立つ。ブランド牛のしまね和牛も絶品。
冬は全てのプランに名産のかにが半丁つくのだとか。

お料理のご案内

  • 館内散策、夜の庭園、露天風呂思い想いの時間イメージ
  • 館内散策、夜の庭園、露天風呂思い想いの時間イメージ

20:30

館内散策、夜の庭園、露天風呂思い想いの時間

食後は館内をのんびりと。
チェックインの時は気がつかなかった絵画や骨董に目を遊ばせ、もう一度大浴場へ。

ライトが灯り昼とは違った趣の大露天風呂。夜空を見上げ、湯上りの庭園散策は夜が一層気持ちいい。

温泉のご案内

  • 朝風呂を浴びて朝食イメージ
  • 朝風呂を浴びて朝食イメージ

7:00

朝風呂を浴びて朝食

早めに起き、今度は男女専用露天風呂へ。
打たせ湯を浴び、心身共に目を覚ます。

ちょっと疲れた胃にやさしく染み渡る宍道湖しじみの赤だしと薬膳粥。誰にもせかされることの無い朝食。ついついおかわりをしてしまう。

  • 売店でお買い物イメージ

9:30

売店でお買い物

出発前に1階ロビーでお買い物。
山陰の銘菓や地のものが勢ぞろい。
ついつい手が伸び、気がつけば両手いっぱいのお土産!
これも旅の醍醐味。

施設のご案内

  • チェックアウトイメージ
  • チェックアウトイメージ

10:00

チェックアウト

売店で購入したミストボトルに温泉を詰め、ちょっとおしゃれなお土産が完成。

お世話になった宿を出て、さあ山陰の名所へ。出雲大社、松江城、足立美術館、水木しげるロード・・・。

どこへ行こうか?