社会から必要とされ、愛し愛される旅館であり続けること。設備・料理・サービスにおいて、常に研鑽を続けること。